門真市の歯科|インプラント、審美歯科|守口市・寝屋川市からも多数来院
堤デンタルクリニック
診療予約・お問い合わせは TEL.06-6903-8164
トップページへ
審美歯科

審美歯科

美しさの追求は口元から

審美歯科とは美しさに焦点を当てた、総合的な歯科治療のことを、審美治療と言います。歯全体のバランスや口元との調和まで、トータルの美しさを作り出して行きます。とは言っても、単に見栄えを良くするだけではありません。従来の歯の機能面を優先させた上で、更に美しさを追及していきます。

歯を美しくするメリット

歯の見栄えを良くすることで、全体的な顔の印象が格段に良くなります。
また、単に印象を良くするだけでなく、患者様のコンプレックスを解消することができます。 コンプレックスを解消し、精神的負担を取り除くことによって、内面にも変化を及ぼすことができます。

審美治療の内容

クリーニング

クリーニング ホームケアでは落とすことができない、歯の表面についた汚れを落とします。
歯石をとって、ジェットポリッシャーにより色素を洗い流します。
その後、専用の研磨剤とブラシで歯を磨き、仕上げにゴムで艶を出します。

ホワイトニング

ホワイトニング外来始めました ホームホワイトニングが
ご利用頂きやすい金額になっております。 詳細はコチラ ホームホワイトニング
ご自宅で、お休み前にホームホワイトニング用のホワイトニングジェルを注入したトレーをはめていただくことで、眠っているあいだに歯を白くすることができます。
数週間、自宅で継続してホワイトニングを続けていきます。

オフィスホワイトニング
歯科で、専用のペースト状のブリーチング剤を塗布し、特殊な青い光をあてます。

ラミネートベニア

ラミネートベニア 歯の表面を少し削り、薄いセラミックを爪のように貼り付けます。
ホワイトニングでは、なかなか改善が見られない重度の変色や、多少の歯の隙間や形の改善にも有効です。

オールセラミック(インレー、クラウン)

オールセラミック(インレー、クラウン) 保険の金属の銀色をした詰め物が気になる方には、歯の色をした、セラミックの詰め物があります。
見た目がとても自然で非常に丈夫できれいです。
金属を使用していませんので、金属アレルギーの方も安心してお使い頂けます。

レーザーピーリング

歯茎や唇の気になるシミをレーザーで取り除くことができます。
痛みもほとんどありません。

レーザーピーリング

体験談より

美人は歯から

年頃のお嬢さんが治療にきました。結婚前に奇麗に治しておきたいという希望です。口腔を拝見すると、臼歯の噛み合わせる部分すべてに銀色の鋳造して作ったメタルインレーかアマルガムと呼ばれる銀が詰めてありました。学校検診の度に、近所の歯医者さんで治してもらっていたそうです。ところがアマルガムは材料自体が腐食し、ヒビが入っているだけでなく、黒っぽく変色していました。アマルガムの周囲の歯質もやはり黒っぽく変色しています。虫歯がまわりに広がっているようです。痛みはないけれども、冷たいものがたまにシミルとのことでした。メタルインレーも適合精度が悪く、周囲が虫歯になっています。彼女自身は奇麗に治すためにはすべてセラミックの冠で被せるより他に方法は無いと思って覚悟していたそうです。

ところがこんなに若い年令で冠を被せてしまうとその歯を一生もたせることは非常に難しくなります。歯を長持ちさせるためには、削る量は少なければ少ないに越したことはありません。そこでセレック・システムで治した患者さんの写真と模型を見せてあげました。

現在、最も進んでいるハイテク歯科治療法の一つです。歯を削る量も冠を被せる場合に比べれば数段少なくて済みます。費用的にもセラミック製の冠を被せる場合の約半分で済みます。しかも、通常の金属焼き付けポーセレンのセラミック素材よりも、材料的に優れているのです。セレックは強度的にも強く、磨耗係数が天然の歯のエナメル質とほぼ同じという理想的な材料特性を持っています。通常のセラミックは硬すぎて、噛み合わせる歯を擦り減ら してしまう場合が多々見受けられます。本数が16本と多かったので、削った後、従来の型取りをして、次回までに模型上で製作しておくことにしました。歯の色はその歯、その歯により違いますから、色を控えておきます。2度の来院で16本の治療が終わってしまいました。

患者さんは、あまりの早さにビックリし、鏡を見て、ニッコリです。どこを治したのかわからないといって喜んでいらっしゃいました。また噛んだ感じが自然で違和感が無いとのことです。通常2、3本であれば3次元ビデオカメラで撮影するだけで型取りがすみますので良い治療が1回の来院で治ってしまいます。遠くから通ってこられる患者さんにとって、通院時間と交通費の節約は大変喜ばれます。時代は変わっていきます。歯の治療法のパラダイムも変わって行きます。現状に甘んじることなく、さらなる飛躍を目指して進んで行きたいと思います。

ページ上部へ戻る