門真市の歯科|インプラント、審美歯科|守口市・寝屋川市からも多数来院
堤デンタルクリニック
診療予約・お問い合わせは TEL.06-6903-8164
トップページへ
虫歯・歯周病

虫歯・歯周病

出来る限り痛くない治療

小さな虫歯でも自然に治ることはありません。

ごく初期の虫歯であれば、麻酔の必要なく治療することが出来ますし治療時間も短くすみます。

しかし、そのまま放置し続ければ虫歯はどんどん悪化し、治療期間も長くなります。

この悪循環を避けるためには定期的な検診が大切です。

定期検診では、虫歯・歯周病の早期発見・早期治療ができますので、3~6ヶ月ごとの定期検診をお勧めします。

治療に関しても、レーザー治療や出来るだけ痛くない麻酔方法等で、痛みの少ない治療を行っていますので是非一度、ご相談下さい。

当クリニックの無痛治療への取り組み

虫歯の進行

虫歯の原因は、虫歯になりやすい質の歯・糖分・細菌の量などです。これらの条件が揃うと、時間の経過と共に虫歯になっていきます。

虫歯の進行状態により、C1~C4に分けられます。最近は、ごく初期の虫歯はC1の前のCO(シーオー)と言います。

CO(ごく初期)

CO表面が浅く溶けています。若干、白く濁ったり、茶色になったりしますが、 見た目ではわかりにくい場合もあります。削らずに、再石灰化を促し経過観察をします。

C1(初期)

C1エナメル質が少し溶け出し、小さな孔があきます。 最近ではレーザーで、ほとんど削ることなく痛みなく治療が出来ます。 歯の色をした、プラスチックの詰め物をつめます。

C2(初期~中期)

C2虫歯が象牙質まで進行しています。 無症状の人もいますが、冷たい物がしみたり、進行すると熱い物がしみたりします。 治療には、麻酔を必要とする場合が多くなります。 金属の詰め物か、プラスチックの詰め物をつめます。 保険適応外ですが、金属の銀色が気になる場合はセラミックの詰め物もあります。

C3(進行した虫歯)

C3虫歯が神経にまで達している状態です。 炎症が起き、痛みを感じます。 治療には神経を取り除く必要がでてきます。 前歯には、歯の色をしたプラスチックの被せ物をかぶせます。 奥歯には、金属の被せ物をかぶせます。 前歯に使用するプラスチックは劣化しやすいなどの欠点があります。 また、奥に被せる金属の色が気になる場合は、保険適応外のセラミックの被せ物があります。

C4(最終段階)

C4歯は歯根だけになってしまいます。神経は死んでしまい、膿がたまります。歯が抜け落ちることもあります。

歯周病について

歯周病とは、歯と歯を支える歯槽骨が溶け出し破壊される疾患です。 今や国民のほとんどが罹っているといっても過言ではありません。

歯周病は、歯垢や歯石がたまり、その中でたくさんの細菌が繁殖することが直接の原因です。その細菌の塊が、歯肉や歯根のポケットに入り込み、更にそのポケットのなかで繁殖を繰り返します。

歯周病について

歯周病の進行

歯肉炎

歯肉炎歯茎が炎症を起こしている状態です。 歯と歯の間の歯肉が腫れてぷよぷよとした感じになります。 口臭や出血、少し歯がグラグラすることもあります。

歯周炎

歯周炎歯肉炎が進んだ状態で、細菌の増殖により、歯周ポケットという溝が深くなります。 溝が深くなると、手入れも不十分になり、歯垢や歯石が更にたまり、口内環境は更に悪くなります。 歯周組織が破壊され、歯の根っこを支える歯槽骨が溶け出し、歯は次第にグラグラと大きく動くようになります。 最終的には抜け落ちてしまいます。

歯周病による口臭

朝、起きたときや空腹時、緊張している時などは自然と口臭が強くなりますが これは生理的口臭といい、誰でも起こる現象で時間の経過とともに口臭は弱まりますので特に気にする必要はありません。

ところが、慢性的に続く口臭のことを病的口臭と言い、病的口臭はお口の中の環境に原因がある場合が多く、中でも特に『歯周病』が口臭の大きな原因といえるでしょう。

歯周病は歯と歯肉の間(歯周ポケット)に歯垢(プラーク)がたまり歯肉が炎症を起こす病気です。このプラークは細菌の集まりで、ガスを発生させ、これが口臭の原因となります。

口臭

また、歯周病が進行すると膿がたまってくるため、この膿が悪臭を発生させ、 さらに口臭が強くなります。

歯周病治療により、お口の中の環境を改善することで、口臭が弱まる傾向があります。

歯周病の治療

セルフケアの指導と歯科医で行う PMTC(歯科医師や歯科衛生士といった専門家による専門器材を用いた歯のクリーニング)により、 歯垢や歯石を取り除き、口腔内をより良い状態に戻します。

その他、レーザーを用いた治療もあります。 レーザーは、治療だけではなく、歯周ポケットへの殺菌や消毒などの効果も期待できます。

レーザーによる歯周病治療詳細へ

体験談より

しみる歯

「仕事のあとはビールに限る!」と毎日飲んでる陽気なKさんですが、今日は何だか機嫌が悪そうです。

「冷たいものがシミテとてもじゃないがやってられないヨ!薬局でシミルのを止める歯磨きを買ってきて使ってるけど、 磨くのもシミルし、何とかなります?」
どうやら大好物のビールが気持ち良く飲めないようです。

「歯の神経を取っちゃってください。でも麻酔の注射がやだな」と少し不安げです。

「黙って座れば、ピタリと止る最新の治療をしてあげよう」

気心の知れた患者さんに軽口を叩きながら、CO2レーザーをたちあげます。約1分で準備完了。

出力とモードを選択し、ファイバーの先端に適切なチップを装着します。 患者さんには万一、レーザー光が目に入っても大丈夫なように防護用のゴーグルを掛けてもらいます。

シミル歯を確認し、レーザーの照射を行ないます。 治療につきものの痛みも殆どありません。 約30秒で治療は完了です。 冷水を口に含んで、まだシミルかどうかをテストしてみます。

「あれっ、何ともない! 先生、もう神経、取っちゃったの?」とKさんは不思議そうな表情。

「神経は取ってないよ。でもシミルのは治まったでしょ」

「ヘーッ、スゴイ、まるで魔法だね!」

最近まで、ひどい虫歯でもないのにシミルという象牙質知覚過敏症の疼痛には歯科医も悩まされていました。

患歯に薬剤を塗布したり、パックして経過をみたりしましたが、 即効性が無いため、症状が軽減するまで何日も、何ヶ月も我慢を強いる場合が多く、 患者さんにはあまり評判が良くありません。

歯の神経をとると、痛みはすぐに止りますが、歯の寿命を縮めてしまうケースもあり、 何とか歯の神経を生きたまま残したいというのが歯科医の本音です。

しかし、我慢の出来ない場合や、気の短い患者さんの場合は歯の神経を取らざるを得ませんでした。

それが、嘘みたいに簡単な処置で、麻酔の注射も必要なく、しかもその治療の場で治ってしまうのです。

レーザーを照射すれば、歯の表面にあるエナメル質や露出した象牙質を極く僅かに溶かすことができ刺激の伝導を減少させます。 副作用もありません。 象牙質知覚過敏症に対するレーザー照射治療法の出現は患者にとっても歯科医にとっても福音となりました。

しかし、歯科治療分野におけるレーザー技術の臨床応用はまだスタートしたばかりです。 殺菌、蒸散、切開、切削、精密計測など新しい治療方法が研究されています。 痛くなく、歯を削るあの嫌な音と振動の無い治療をしたいという夢が現実となりそうです。

えっ、それまで歯の治療を我慢して待っているって!?待つには少し長いような気がします。

ページ上部へ戻る