門真市の歯科|インプラント、審美歯科|守口市・寝屋川市からも多数来院
堤デンタルクリニック
診療予約・お問い合わせは TEL.06-6903-8164
トップページへ
インプラント

インプラント

インプラントは自然の噛み心地を取り戻せます

虫歯や歯周病などで歯が失われたり、年齢とともに歯が抜け落ちた場合は義歯(入れ歯)や、架工義歯(ブリッジ)を入れるのが一般的な治療法です。

しかし、こうした方法では隣の健康な歯を傷つけたり、入れ歯が気になって自然な表情ができなかったり、美味しくものを食べることができないなどの悩みをもつ患者さんがたくさんおられます。

このような悩みを解決する方法がインプラントという歯の新しい治療技術です。

インプラントという歯の新しい治療技術
当院の院長がテレビ・ラジオに出演、雑誌に掲載されました。

インプラントとは

インプラント本体インプラントとは、天然歯が失われ、歯の修復が必要とされた場合に顎の骨に人工歯根であるインプラントを埋め込み、その上に人工の歯を固定する方法です。インプラントが取り外し式の入れ歯より数段優れていることは、天然の歯が顎の骨に埋まって自立しているように、インプラントも同じ構造をしているからです。そのためインプラントは「天然の歯の機能」の回復と「自然な感覚の噛み心地」を取り戻すことができるのです。

インプラント治療の流れ

骨が足りなくてインプラントが出来ないと言われた方へ

インプラントにしたくても、骨がないためできないといわれた患者さんの悩みを解消する、造骨法によるインプラントが可能になりました。造骨に欠かせないより安全な生体材料が開発され、この技術のおかげで、現在最も安全なインプラントである骨内インプラントの適応範囲を広げています。

ネオボーン

歯を支える顎の骨の量が少ない場合などに、その足りない部分を補うために使用する人工骨のことです。 骨を形成する細胞を呼び集め新生骨を作り出し、骨再生を強力にサポートします。 ネオボーンの詳細へ

GBR法

GBR(骨誘導再生)法とは、欠損した骨組織を再生させる治療です。土台となる骨の 量が不足している場合、GBR法が一般的です。骨がなくなった部分にインプラントを 埋入し、骨組織を再生したい部分に生体材料でできた専用の膜で覆います。

骨移植

骨の足りない部分が多く、なおかつ多数の部位に及んでいたら、骨移植を行います。 骨移植を行う場合、自家骨(自分の骨)か人工骨を使用します。自家骨は、移植骨に は一番適していると言われています。しかし、自分の骨を採取しなくてはならない為、 場合によっては、患者様の負担が増えてしまうことがあります。人工骨は、患者様の 負担の軽減というメリットがあります。最近では、人工骨でも自家骨に変わらない成 功率となっております。

ページ上部へ戻る