門真市の歯科|インプラント、審美歯科|守口市・寝屋川市からも多数来院
堤デンタルクリニック
診療予約・お問い合わせは TEL.06-6903-8164
トップページへ
口腔外科

口腔外科

虫歯や歯周病を治すだけではありません

歯科の治療は、虫歯や歯周病を治すだけではありません 口腔(こうくう)外科とは口の中、その周辺の疾患の外科処置を行います。

歯科の治療は、虫歯や歯周病を治すだけではありません。顎、舌、唇などの悩みを解決します。

口の中の炎症が治まらない、親知らずが痛む、アゴが痛く開けるのが辛いなど、口腔外科での治療分野となります。

噛み合わせ異常によるさまざまな症状

歯ぎしりなど 噛み合わせの異常は、先天的な歯並びの異常や、歯が抜けたり、 治療によって歯を削ったり、抜歯した状態をそのまま放置することなどによって起こります。

症状としては硬いものが噛めなくなったり、歯ぎしりすることなどの症状が表れてきます。

また、どの部分の歯であれ噛み合わせ異常が起こると、歯や上下の顎の位置関係にズレが生じ、 顔貌のバランスが乱れて口元がゆがむなどの症状も表れます。

さらに、噛み合わせ異常を放置しておくと、顎の関節に負担がかかり、 痛みや口を開閉したりしたときに、クキクキというような音が生じたりします。

このような症状の病気を総称して顎関節症といいます。

噛み合わせ異常と全身病

最近、噛み合わせ異常と全身病の関係が話題になっています。

噛み合わせ異常によってもたらされる機能障害は単に顎の関節の痛みだけでなく、 全身に大きな問題を引き起こすことがわかってきています。

噛み合わせ異常が首を支える頚椎に影響を及ぼし、血管を圧迫して脳への血流を不足させたり、 神経を刺激することで頭痛やめまい、目の疲れ、手足のしびれ、肩こり、腰痛、膝痛、高血圧などの さまざまな症状が表れる場合があります。

このような症状の多くが原因不明で、いろいろと治療を試みたが症状が改善しないという場合、 噛み合わせ異常によって起こるケースがあることがわかったきました。

そして実際に診察してみると、明らかに噛み合わせ異常をおこしているケースが多く、 治療することで症状が著しく軽減、または表れなくなったことを数多く経験しています。

噛み合わせ異常の治療

噛み合わせ異常の治療は心身症的なケースを除くと基本的には上下の顎、 そして歯の噛み合わせを正しく再構成することで治療できます。
しかし、実際の治療にはなかなか難しいものがあります。

噛み合わせ異常の治療を困難にしている最大の理由は頭蓋部の解剖学上の問題です。

頭蓋部は上顎を含む顔面・頭部と下顎部に分けられます。
もし下顎部が顔面・頭部の骨にドアのように蝶番状に固定されていて、 蝶番軸運動だけを繰り返し行うだけならことは簡単ですが、 下顎部は顔面・頭部に対して固定されているわけではありません。

筋肉によって微妙なバランスでつり下げられていることが問題を複雑にしています。

このようなことから噛み合わせ異常の治療には非常に高度でデリケートなものが要求されます。

精密な治療が可能になりました

噛み合わせ異常の治療は軽度の場合はスプリントの着用等によって軽減することが知られています。しかしながら、より複雑なものになってくると上記の条件すべてを考えに入れた、歯の総合的な噛み合わせ状態に関する非常に高度で精密な再現が必要になってきます。

スプリントスプリントを装着
ページ上部へ戻る