門真市の歯科|インプラント、審美歯科|守口市・寝屋川市からも多数来院
堤デンタルクリニック
診療予約・お問い合わせは TEL.06-6903-8164
トップページへ
小児歯科像

小児歯科

永久歯に影響を及ぼす乳歯の大切さ

子どもの歯磨き 乳歯はいずれ抜け、永久歯へと生え変わります。 しかし、生え変わるからといって、虫歯を放置していると 生え変わってくる永久歯が変色したり、歯並びに悪影響を及ぼしたりすることがあります。

乳歯は永久歯よりも歯質が弱くエナメル質も薄いため、虫歯になりやすく進行も早いです。 きれいな永久歯につなげるために、乳歯の頃から虫歯の予防と早期発見・早期治療をおすすめします。

虫歯の予防

虫歯を予防するためには、定期的な検診が効果的です。定期検診では、歯磨きチェックや歯のクリーニング、フッ素塗布などを行います。

フッ素塗布

フッ素塗布 フッ素には、歯質を強化したりエナメル質を強くする効果がありますので フッ素を定期的に塗布することで虫歯予防につながります。また、ごくごく初期の虫歯を削らずに修復する効果もあります。

虫歯の治療

シーラント 奥歯の溝は複雑な形状をしているため歯ブラシが届きにくく、一番虫歯になりやすい場所でもあります。
そこで、奥歯をきれいにクリーニングした後、奥歯の溝の部分にフッ素入りの樹脂を流し込んで虫歯菌の侵入を防ぎ、虫歯を予防します。
歯を削ることなく短時間で出来ますので、奥歯が生えたばかりの小さなお子さんでも治療が可能です。

虫歯の予防

再石灰化 乳歯の初期の虫歯は大人と違って白くなります(脱灰)。 この段階では、フッ素を塗布すれば修復される可能性がありますので、できるだけ早めにご来院下さい。

虫歯が進行してしまうと削って治療することになりますが、出来るだけ痛くないよう怖くないよう配慮しながら治療を行います。

ページ上部へ戻る