門真市、寝屋川市、守口市からアクセス便利な歯科
堤デンタルクリニック
診療予約・お問い合わせは TEL.06-6903-8164
トップページへ
歯と全身の関係

歯と全身の関係

妊婦の方へ

昔から「妊娠すると歯が弱くなる」と言いますが、実は本当のことです。
妊娠すると女性ホルモンの影響で、お口の中に様々なトラブルが発生しやすくなります。

トラブル1 虫歯になりやすい

トラブル1 虫歯になりやすい 妊娠中は唾液の分泌量が減るため虫歯菌が増加します。 そのため、虫歯になりやすくなるのです。
これを予防するために、水分を多くとって唾液の分泌を 増やしましょう。
また早目に歯科検診に行くことも重要です。

トラブル2 歯周病になりやすい

トラブル2 歯周病になりやすい 妊娠中は女性ホルモンが増加します。 歯周病菌の中には、この女性ホルモンを好む菌があり、 妊娠中に歯周病菌が増加するため、歯周病になりやすい のです。
歯周病を放っておくと早産の危険性が高くなると言われて います。

トラブル3 妊娠性エプーリス

トラブル3 妊娠性エプーリス エプーリスとは、歯茎にできる良性の腫瘍のことで、歯茎が腫れ、歯磨き中に出血することもあります。
妊娠中に出来るエプーリスのことを「妊娠性エプーリス」といい、出産後には自然に消失します。

ページ上部へ戻る